襟足部に若ハゲができたらプロペシアで改善

男性の頭髪は20代前半から若ハゲが進行してしまう場合があります。原因には様々なケースが考えられますが、頭髪の成長を阻害するような生活習慣を続けていたり、頭皮の衛生状態が悪く皮脂やゴミなどで毛穴詰まりが引き起こされることで薄毛を発症すrこともあります。その一方、病気が薄毛を起こすこともあり、とりわけ男性型脱毛症はその筆頭に挙げられるものです。

この病気は別名AGAとも呼ばれ、主に男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素である5αリダクターゼが反応してDHTという物質が生成されることによって、これらが頭髪の成長を阻害してしまうのです。もしも額の両サイドが若ハゲに侵されてM字の形を織りなしていたり、あるいは頭頂部がO字を成すようにハゲている場合にはAGAを発症している可能性が強く、この時は医療機関を受診して血液検査や遺伝子検査を受けた上でプロペシアなどの特効薬の処方を受けるのが一般的です。

このプロペシアは5αリダクターゼの働きを抑制する効能を持ち、男性ホルモンとの関係によってDHTを作り出すのを抑え、頭髪の成長も正常化に引き戻されます。M字やO字を織り成す若ハゲにも大きな改善効果が見られるでしょう。

男性の襟足その一方、額の両サイドや頭頂部のみならず、AGAには襟足などの他の部位が薄くなるという症状が起こる可能性もあります。これは額や頭頂部と同様、襟足の部分にDHTを敏感に感知する受容体が数多く分布している人に起こりがちなもので、プロペシアの服用によって改善効果を得ることができるケースもあります。

また、プロペシアの服用を続ける過程で襟足付近の頭髪が濃くなるなどの影響を感じる人もいるようです。これは本人が何も感じていなくても、実は襟足部分に最初からAGAの影響が出ていたことが考えられます。これらの状態がプロペシアの影響で毛質の変化を引き起こすことで襟足部分の頭髪が濃くなったように感じられるのです。