プロペシアと発毛のリアッププラスの成分の種類

リキッドタイプの育毛剤を手に取っている人髪の毛の悩みを持つ男性は少なくありませんが、比較的有名な対処法としてAGA治療が知られるようになってきました。同じように市販の発毛効果が認められる薬品としてリアッププラスが発売された際も非常に評判となりました。これらについて詳しく知らない人でも髪の毛の悩みを解決するために効果が期待できるものであるというイメージを持っています。しかしながらこれらに含まれている有効成分は全く異なるものですし、効果についても全く異なる作用を持っています。そのため自際に使用するのであれば正しい理解に基づいて使用しなくてはなりません。

例えばAGA治療で有名なプロペシアは一般の薬局で入手することが出来る薬ではありませんし、男性型脱毛症と判断される男性にしか使用することが出来ない薬です。女性、特に若い女性が使用すると非常にリスクが高いため病院での処方となっていると言われています。このプロペシア自体は発毛効果を持っているわけではなく、抜け毛を抑制することで発毛効果を最大にするという性質を持つ薬です。従って抜け毛を抑制する種類の効果を持つ治療薬であるという理解が正しいのです。

一方リアッププラスにはミノキシジルと呼ばれる成分が含まれています。この成分は発毛促進効果が確認されているため、気休めではなく発毛が期待できる成分として非常に高い関心を集めました。血管を拡張して発毛を促進するという効果が期待できる一方、使い方には注意が必要なものであるとされています。リアッププラスは一般のドラッグストアでも購入することが出来ますが、購入の際には薬剤師の説明を受けなければならない薬に指定されているのにはそのような背景があるのです。