薄毛が改善されない場合はプロペシアを!

人気の育毛剤を使っているのに、なかなか薄毛が改善されないと嘆いている人は少なくありません。
薄毛が改善されていなくて落ち込んでいる男性いくら良い育毛剤を使っても、タンパク質が不足していると育毛効果は期待できません。
タンパク質は髪だけでなく、体の様々な部分を構成しています。
人間の体は、必要な部分から必要な栄養が使われていきます。
髪の毛は、生命維持とは直接関係がないため、タンパク質の優先順位は高くありません。
そのため、毎日の食事に気を付けて、不足しないようにしておく必要があるのです。
日本は、特に若い人の栄養不足が問題になっています。
仕事が忙しいからと菓子パンやジャンクフードばかり食べていると、髪の毛の健康にも悪影響が出ます。
大豆タンパクは、アミノ酸代謝が良いので、髪の毛の成長をサポートするために積極的に摂取している人は多いです。
日本発毛協会は、健康で安全な発毛と育毛を追及している会です。
現在、日本では様々な製薬メーカーが、薄毛の治療薬を販売しています。
日本で最も患者数が多い脱毛症は、男性型脱毛症です。
プロペシアは、男性型脱毛症の治療薬の中でも、評価が高い治療薬のひとつです。
男性型脱毛症の原因になるDHTの生成を抑えるため、薄毛に悩む多くの男性に使われています。
国内で行われた臨床試験では、3年間で8割近い改善効果が認められているのです。
プロペシアは、健康保険が適用されないので、専門クリニックで処方してもらう場合は、保険証を持って行く必要はありません。
クリニックへ行ってプロペシアを処方してもらう場合、早ければ15分くらいで処方してもらえます。
自由診療なので、価格はクリニックによって違います。
クリニックの中には、ホームページに価格を掲載しているクリニックもあるので、事前にチェックしておくといいです。

プロペシアの作用

プロペシアは、アメリカで開発されたFinasterideの1mg錠で、男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状の治療薬として承認されています。
内服薬ということで飲む毛生え薬などと呼ばれていますが、頭髪に対しての直接的な作用はありません。
それでは、どのようにして薄毛に作用するのかというと、AGAの原因物質DHTを抑制することにより、根本的な問題を改善するというものです。
これは、DHTの生産に関与しているII型5α還元酵素を阻害するという効果によるもので、フランスやドイツなどのヨーロッパで前立腺肥大の治療に利用されている天然ハーブのノコギリヤシをモデルとしています。
ちなみに、厚生労働省が認可する際に実施した臨床試験では、1日1mg処方を1年間続けたところ、58%に軽度改善以上、98%に不変以上の効果が認められています。
これは医師による頭部の写真判定によるもので、自己申告ではありません。このために、それまで行われていた育毛剤とは全く違う、確実な効果を期待できるということになります。
なお、承認されてから既に10年間が経過したので、国内での特許が切れたために、同じ主成分を配合したジェネリック医薬品が次々と登場しています。
これらは、プロペシアよりも値段が安いということが最大の魅力で、経済的な負担を軽くしたい人にオススメです。
具体的にどれだけお得かというと、1か月分28錠が7,000円~8,000円が相場のプロペシアに対して、ジェネリック医薬品のトーワは30錠4,000円~5,000円で提供されています。
添加物やコーティング等に違いはあるので全く同じ薬というわけではありませんが、主成分は共にFinasterideであり、AGAに対しては同じ効果を期待できます。

プロペシアを服用した後の髪の毛の経過

薄毛の原因はいろいろとありますが、中でもAGAによる薄毛については、薬を服用することによって改善させることができます。
頭部の髪の毛が薄くなっている男性AGAの症状の特徴としては、頭部の頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなるという症状が特徴ですが、薬を服用することによって、このような薄毛の進行を止めることができるようになります。
また、髪の毛に必要な栄養が届くようになり、髪の毛が再び太く、抜けにくい髪の毛に成長していくという効果があります。
現在AGAに用いられる薬としては、プロペシアと呼ばれる薬が代表的な薬であり、医療機関で処方をしてもらうことができます。
もし、このプロペシアを服用した場合、どのような経過をたどって薄毛が改善していくのかというと、まず、プロペシアを服用を開始した直後は、人によっては一度髪の毛が抜けるという現象が起こる場合があります。
これは、プロペシアの影響で、これまで弱っていた髪の毛が抜けることによって引き起こされます。通常このような状態はしばらくすると改善され、新たに太くて抜けにくい髪の毛が成長してくるようになります。
これまで産毛だったような毛が太くて強くなるので、徐々に薄毛であるということが分かりにくくなっていきます。
このような状態になるまでには、最低でも1か月以上はかかると考えてもよいでしょう。ですから、プロペシアを服用してAGAを改善させていくのであれば、ある程度長期間にわたって服用を継続していくということが大事になってきます。髪の毛にはヘアサイクルというものがありますが、通常のヘアサイクルに戻すためには、ある程度の時間がかかってきます。特にAGAの場合は、このヘアサイクルが早く終わってしまう状態になっています。

おすすめ記事はこちら